top of page
検索

成年後見制度と専門職のあり方について研修会を行いました。

 今回は司法書士リーガルサポートセンター岐阜支部副支部長の平野 瞬先生に、「成年後見制度と専門職のあり方」についてご講義いただきました。



 我々行政書士の任意後見と法定後見との違いはあるものの、リーガルサポートセンターにおける現状や我々と共通する実際の実務について、現場での経験談を交えて興味深くお話しいただきました。


 中でも、実務本にはないお話は非常に参考になりました。後見制度に対して「後見人をつけた以上は何でもやってくれる。」という親族の認識が強く、「後見は魔法の制度ではない。」「我々は本人のために動く、親族のために動くのでない。」との見解は印象的でした。



 また、地域連携ネットワーク作りが必要であり、「成年後見において我々は1つのピース」であるとして、地域包括やケアマネと関わり合い、一人で悩まないことが大事との事でした。


 そして、行政書士と成年後見業務については、コスモスが公益社団法人になったことや、総務省自治局行政課長通知の財産管理業務は行政書士業務に密接に関連する業務であるとの通知を踏まえて、これらが周知されれば、これから流れが変わり組織としても大きく変わってくることになると話されました。


 今回の研修を終えて、成年後見業務の現状と展望及び、人との関わりの後見業務の中では正解はないこと、専門家として、マニュアルではなくその時その時で判断していくことの大切さを学びました。


コスモスぎふ 中島 敏之

閲覧数:49回

Comments


bottom of page